2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2020年04月04日

無料個人レッスン(音声チャット)のご案内

いやはや、新型コロナウィルスの影響は全世界に暗い影を落としております。
私は「お金も何もない、何もできない、無力でちっぽけな人間」なのだと改めて思い知らされます。

しかし、無力、無能、無名であっても、少しでも現在の閉塞状況の緩和になればと思い立ち、短い期間(全8回)を限定してではありますが、「ナレーション」「朗読」「発声」など、声優やナレーターをめざす人を対象に、あるいは単に「音読してみたい」という方も対象に、テレワーク(Skypeの音声チャットを利用)で「無料の個人レッスン」を開講しようと思います。
プロの声優やナレーターを目指していらっしゃらない方でも、小説などを音読することで、ささやかな気分転換になれば幸いです。
もしこの「無料個人レッスンを受講してみよう」とお思いのかたは下記「googleフォーム」にアクセスしてください。
決して悪用はしませんので御安心ください(笑)

【無料個人レッスン(skypeを用いての音声チャットを利用)のご案内】

https://bit.ly/2xP1fMV

ほとんど何の役にも立たないかも知れない企画なのですが、宜しければ受講をご希望ください。
本当に無料で開講いたしますし、取得したメールアドレスなどの個人情報を悪用、流用、転用するものでもありません。(それほど賢くはないwww)

自分がいままで勉強や研究や体験してきたことが、皆様のお役に立てば幸いです。



posted by 塾長 at 03:26| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

立体朗読劇「山椒大夫」のご案内 (通常記事は下に)

私が関係しております大阪芸術大学放送学科〈声優コース〉の卒業公演のご案内です。

声優コース第6期生は明治の文豪、森鷗外の「山椒大夫」を【立体朗読劇】という私も初めて耳にする上演様式でお届けします。
「山椒大夫」は『安寿と厨子王丸』というタイトルで1961年に東映動画によって長編アニメ化されました。
私もこどものころに鑑賞しました。

山椒大夫チラシ_おもて.jpg  山椒大夫チラシ_うら.jpg
(チラシデザインも学生がしました)

上演時間はおよそ70分で途中の休憩はありません。
公演日は2月12日(水)です。もちろん入場無料(ただし、予約要)ですので、ぜひご観劇ください!
チケットの予約方法はチラシ裏に記載しておりますので、ご参照ください。

ちなみにチケット予約用のサイトおよびアドレスは下記の通りです。
https://www.quartet-online.net/ticket/sansyodayu
アクセスしていただくと予約申し込みフォームが表示されますので必要事項をご記入ください。
【支払い方法】の欄があって「当日精算」となっていますが、無料です(笑)
ご心配なく!!
皆さまのお越しを心からお待ち申し上げます
-------------------------------------------------
私も全国各地のホール、市民会館などに行きましたが、公演会場である大阪芸術大学の「芸術劇場」というのはすごいホールですよ!
芸術劇場.jpg

フロントライト.jpg

緞帳.jpg

たいていのホールというのは客席の広さを誇るところがありますが、この「芸術劇場」は「学生の実演」を主眼としているためでしょうか、客席は400程度なのに、舞台の広さ、特にその「奥行き」がすごい!!
ほとんど真四角なのです。ホールだけでも一見の価値があると思います。
こんなホールが学生時代に使えるというのは幸せだと言えるでしょう。
----------------------------------------------------
「大阪芸大までの行き方」
チラシ画像にもありますが、単純に言いますと「近鉄阿部野橋駅から準急に乗って喜志(きし)駅で降り、そこからバスに乗って大阪芸大まで」ということです。
※お客様用駐車場はありませんので電車か徒歩でお越しください。

❶近鉄・阿部野橋駅に行きます(ハルカス1階)。
❷券売機で片道410円の切符を買います。
❸改札を通って、3番線または4番線から発車する「河内長野行き準急」に乗ります。確か、毎時04分と34分、44分に発車していると思います。後ろから3〜4両目くらいに乗るといいでしょう。(途中の駅で後ろの車両を切り離すことがある!)
※13時公演に余裕を持って間に合う時刻を計算しますと、阿部野橋駅発11:44分発の河内長野行き準急がいいでしょう。
※15時30分公演に間に合わせるなら14:04発の河内長野行き準急が良いでしょう。
❹乗車時間は約25分です。道中、田園風景をお楽しみください。
❺「喜志(きし)」駅に到着したら「東出口」から出ます。
❻大学が運営する無料スクールバス(切符も何も要らない)に堂々と乗れば、大学まで乗せていってくれます。乗車時間は約10分です。東出口近くの民営、金剛バスでも「芸大前」に行けます。

大阪芸大に到着しましたら「芸術劇場」までの進行方向(ほぼまっすぐ歩く)が立て看板などで表示されているはずですので、それをご参照ください。歩いて…10分くらいでしょうか…。結構遠いですね。いい運動になります(笑)
緑の多い、素敵なキャンパスですし、一般のお客さまもこの日ばかりは学生食堂や、学内カフェをリーズナブルな料金で利用できますヨ。

これから本番に向けていよいよ追い込みです。
公演の成功を祈ってやってください
-------------------------------------
追記:帰り方
❶ホールを出て、来た時と同じ方向、つまりバスの到着場所方向に向かって歩きます。
❷10分ほど歩いたら最初に到着したところにバスが停まっていると思います。(バスは喜志駅と大学の間をピストン運行しているので、あまり長く待つことはありません)
❸やはり堂々とバスに乗り込みます。
❹やがて喜志駅に向かって走り始めますので、安心していてください。
❺大阪芸術大学のバスターミナルに着きましたら降車して喜志駅に向かいます。
posted by 塾長 at 20:01| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

朗読劇「イーハトーブの風景」を打ち上げました

昨日、大阪芸術大学放送学科【声優コース】第5期生の卒業公演「イーハトーブの風景」を打ち上げました。
学生たち60余名はこの1年間、よく頑張りました。お陰さまでお客様には大変ご満足いただけたのではないかと思います。
これも指導者たる演出の先生の力だと思います。

え?
私?

私は…大道具班の学生指導を主にしておりました。
大道具製作の指導とか、トラックへの積み込み方とか、トラックロープの掛け方などです。
私は大道具の専門家ではないのですが(笑)
もちろん「じゃ、何が専門なのか?」とたずねられても答えようがないのですが…

いえいえ、公演は劇場で開催するので結構こまごまと気を配らないといけないことがあるのですよ〜。
何より学生が怪我をしてはいけませんし、劇場スタッフにも気を遣わないといけませんし、外部スタッフにもそれは同様ですし、演出担当が演出に専念できるように雑用をしておかないといけませんし、ご来場くださるお客様にも心地よくいてもらわないといけませんし…
やることはいっぱいあります!
どれも満足にはできていませんが…(笑)
公演では自分の能力のなさに打ちひしがれることばかりです。

いずれにしろ、昨日お越しくださったお客様に心から感謝いたします



posted by 塾長 at 22:41| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

朗読ミュージカル版「パクさんのリアカー」を打ち上げました!

12月14日(金)〜16日(日)までの3日間、日本バプテスト大阪教会を拝借しての『朗読ミュージカル版「パクさんのリアカー」』を無事打ち上げることができました。
お越し下さったお客様は4回公演で251名様でした。(1回平均63名)
教会の客席は66席でしたのでほぼ毎回満席だったということになります。
年の瀬にもかかわらず、わざわざお越しくださったお客様に感謝いたします。

アンケートの回収率は毎回ほぼ90%でした。
良い公演というのはこのアンケート回収率を見れば分かります。
(アンケート数÷入場者数=アンケート回収率)

評価1■5%以下=かなりひどい公演
評価2■5〜10%=身内には受ける公演
評価3■10〜30%=演劇を知っている人には好評だったかも知れない公演
評価4■30〜60%=これは多くの観客に好評を得ていますね。かなり良いでしょう。
評価5■60〜90%=これは初めて見たお客様も、見慣れていらっしゃるかたにも相当な感動を与えた公演

今回の公演は出演者の知人、友人、家族が多くお越しになったので、それも影響してかアンケートの回収率の異常な高さにつながったとも言えるでしょう。
う〜〜〜〜ん〜〜〜。ですから〜〜〜 割り引いてやっぱり評価4くらいでしょうか。

でも多くのお客様の涙腺を弱くさせた公演でした。これも演技者(ほとんど素人の出演者)と「演出担当のちから」だったのでしょう。
そして何より、会場である教会の雰囲気が大きな助力になっていたと思います。
やはり「クリスマスの物語」ですからねっ?!
改めて日本バプテスト大阪教会と、牧師様がたに感謝いたします。

訳のわからない任意団体の代表が突然やって来て「やらせてくれい〜!」と言ってきたにもかかわらず、結果的には快く教会の使用をご許可くださいました。
それもこれも、やはり、この物語がクリスマスやイエス・キリストの心を踏まえていたからなのではなかったかと思います。
※「なんでもかんでもOK」ということではありませんから、念のため…。教会は「単なるイベント会場」や「貸しスペース」ではありません。何よりも教会は「祈りの場」です。ちなみに私はクリスチャンではありませんし、仏教徒でもありませんけど…

でも、クリスチャンでもない私が言うのも何ですが、どこかで「神様のお導き」というものがあったような気がするのです。

愛溢るべき、クリスマスに寄せて……




posted by 塾長 at 03:11| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

声優シンポジウム2019のご案内

大阪芸術大学の声優シンポジウムのご案内です。

このイベントは放送学科の声優コースの学生を中心に「声優とは何か」を学生によるパフォーマンスと講師陣によるトークで討議するという趣向のものです。
来年1月14日(祝)大阪市中央区のNHK大阪ホールで開催されます。

2019声優シンポジウムおもて.jpg  2019声優シンポジウムうら.jpg

入場無料ですが、整理券の予約が必要です。

皆さんにとっておなじみのアニメキャラクターを演じた声優ナレーター陣が登壇します。
宜しければぜひ!
posted by 塾長 at 19:56| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

朗読劇「イーハトーブの風景」のご案内

私が関係しております大阪芸術大学放送学科〈声優コース〉の卒業公演のご案内です。

第5期生は「声優コースらしい」卒業公演スタイルに戻りました(笑)
今回は宮澤賢治作品をオムニバスに脚色して「朗読劇」として上演します。
多くの人には「昔懐かしい感覚」が訪れることだろうと思います。

イーハトーブの風景おもて.jpg  イーハトーブの風景ウラ.jpg
(チラシデザインも学生がしました)

上演時間はおよそ80分で途中の休憩はありません。
公演日は2月13日(水)です。もちろん入場無料(ただし、予約要)ですので、ぜひご観劇ください!
チケットの予約方法はチラシ裏に記載しておりますので、ご参照ください。

ちなみにチケット予約用のサイトおよびアドレスは下記の通りです。
https://eheartb.wixsite.com/ihatovmiyazawa/b15
アクセスしていただくと予約申し込みフォームが表示されますので必要事項をご記入ください。
【支払い方法】の欄があって「当日精算」となっていますが、無料です(笑)
ご心配なく!!
皆さまのお越しを心からお待ち申し上げます
-------------------------------------------------
私も全国各地のホール、市民会館などに行きましたが、公演会場である大阪芸術大学の「芸術劇場」というのはすごいホールですよ!
芸術劇場.jpg

フロントライト.jpg

緞帳.jpg

たいていのホールというのは客席の広さを誇るところがありますが、この「芸術劇場」は「学生の実演」を主眼としているためでしょうか、客席は400程度なのに、舞台の広さ、特にその「奥行き」がすごい!!
ほとんど真四角なのです。ホールだけでも一見の価値があると思います。
こんなホールが学生時代に使えるというのは幸せだと言えるでしょう。
----------------------------------------------------
「大阪芸大までの行き方」
チラシ画像にもありますが、単純に言いますと「近鉄阿部野橋駅から準急に乗って喜志(きし)駅で降り、そこからバスに乗って大阪芸大まで」ということです。
※お客様用駐車場はありませんので電車か徒歩でお越しください。

❶近鉄・阿部野橋駅に行きます(ハルカス1階)。
❷券売機で片道400円の切符を買います。
❸改札を通って、3番線または4番線から発車する「河内長野行き準急」に乗ります。確か、毎時04分と34分に発車していると思います。後ろから3〜4両目くらいに乗るといいでしょう。(途中の駅で後ろの車両を切り離すことがある!)
❹乗車時間は約20〜25分です。道中、田園風景をお楽しみください。
❺「喜志(きし)」駅に到着したら「東出口」から出ます。
❻大学が運営する無料スクールバス(切符も何も要らない)に堂々と乗れば、大学まで乗せていってくれます。乗車時間は約10分です。東出口近くの民営、金剛バスでも「芸大前」に行けます。

大阪芸大に到着しましたら「芸術劇場」までの進行方向(ほぼまっすぐ歩く)が立て看板などで表示されているはずですので、それをご参照ください。歩いて…10分くらいでしょうか…。結構遠いですね。いい運動になります(笑)
緑の多い、素敵なキャンパスですし、一般のお客さまもこの日ばかりは学生食堂や、学内カフェをリーズナブルな料金で利用できますヨ。

これから本番に向けていよいよ追い込みです。
公演の成功を祈ってやってください
-------------------------------------
追記:帰り方
❶ホールを出て、来た時と同じ方向、つまりバスの到着場所方向に向かって歩きます。
❷10分ほど歩いたら最初に到着したところにバスが停まっていると思います。(バスは喜志駅と大学の間をピストン運行しているので、あまり長く待つことはありません)
❸やはり堂々とバスに乗り込みます。
❹やがて喜志駅に向かって走り始めますので、安心していてください。
❺大阪芸術大学のバスターミナルに着きましたら降車して喜志駅に向かいます。
posted by 塾長 at 14:45| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

朗読ミュージカル版「パクさんのリアカー」予約開始!(通常記事は公演まで下に掲示)

いよいよ朗読ミュージカル版「パクさんのリアカー」の座席予約の受付を開始しました!
ご来場くださるお客様にはご面倒ですが、メールによる座席予約(全自由席)をお願いいたします。
4回公演ですが、いずれも60席で満席です。ただ、すでに満席になっている公演がありましたらご容赦ください。
皆さまのお越しを心からお待ち申し上げます

予約メール宛先■ dnaxmas@happy.zaq.jp
宛名■サンタクロース弁護団
記載内容■
@お名前(フルネーム)と読み仮名 
A入場希望回(下記チラシ画像のおもて面をご参照ください) 
B希望人数(1メールアドレスにつき3席まで)

※上記メールアドレスからの受信を有効にしておいてください。ご予約申し込みに確認の返信をするためです。
※座席の予約状況はDNA計画のブログで随時ご確認いただけます。
※入場無料ですが、終演後にカンパしてくださると嬉しいです!!

朗読ミュージカルチラシおもて.jpg  朗読ミュージカルチラシうら.jpg

【ダイジェスト版】(YouTube)


ご来場くださるお客様への「こころのクリスマスプレゼント」にできるよう、出演者スタッフ一同鋭意努力しております。
本番まであと1カ月半ですが頑張ります!
是非、ご支援ください

posted by 塾長 at 00:00| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

朗読ミュージカル「パクさんのリアカー」まだ2期の途中ですが…

秋になると師走12月までアッと言うまです。
「60歳までは長いけれど、それ以降は死が現実味を帯びて来る」ようなものですな(笑)

さてさて、『朗読ミュージカル版「パクさんのリアカー」』の稽古も、現在は2期の途中ながら、すでに3期(すなわち出演者が確定する)に突入間近です。ただ、幸いなことに第2期の参加者全員が本番出演をご希望下さいました〜!!

小心者の私は、ずいぶん以前から本番用のチラシやパンフレットのデザインを進めていたのですが、このデザインも「18名全員が出演」という前提で作成していましたので徒労に終わらず済みそうです(笑)

いわゆる「制作」「プロデューサー」というのはいろいろな部分に目を向けないといけないものですな〜〜。
番組やイベントにおける「総理大臣」みたいなものですからね?

出演者が楽しく有意義に稽古に参加できているか?
関係各位にちゃんと連絡や相談や報告をしているか?
予算はちゃんと管理できているか?
何より、最終的にお客様に喜んでもらえるのか?

自分のことはさておき、以上のようなことに十分注意を払わなければならないと思います。

ん?

考えてみれば以上の4つの項目は会社経営や政治や宗教などにもあてはまりますね?

社員(国民や信者)が楽しく有意義に仕事(生活)に参加できているか?
関係各位(取引先や諸外国)に、ちゃんと連絡や相談や報告をしているか?
予算はちゃんと管理できているか?(自分や自分の関係者や友達だけに利益誘導していないか?)
何より、最終的にお客様(社員や取引先や国民や人類)に喜んでもらえるのか?

アハハ!
ちっぽけで小さな団体の活動からも「地球規模での大切さ」を考えることができるように思います。
リーダーたる者は、「自分以外の人間の幸福を願う人」でないとダメなのかも知れませんね〜〜。
そういう意味においては「パクさんのリアカー」という小さな話にも「人間にとって大切なもの」が含まれているように思います。

皆さま、この作品および公演が成功するようにご支援ください!
posted by 塾長 at 01:44| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

まふじ演技スタジオさんの教室移転〜

まふじ演技スタジオさん(大阪教室)が10月に新教室に移転なさるので、その案内です。※田辺教室は引き続き「シータス」で開講

あべのベルタ教室おもてのコピー.jpg   あべのベルタ教室うらのコピー.jpg

上記は受講生募集のチラシです。
チラシうら(右側の画像)の一番上に「ベルタサロン教室」の案内を掲載しました。

新教室は「あべのベルタ」の地下2階にある「ベルタサロン」というところです。
大阪メトロ地下鉄【谷町線】の「阿倍野」駅、7番出口がその地下2階のフロアにつながっています。ベルタに入ったら喫茶店がすぐ見えますので、そこを右に曲がって20メートルほど進めば「ベルタサロン」があります。

ベルタサロン入口   ベルタサロン大教室

9月中にはマイクその他の機材を移動させますので、旧教室と変わらずにボイスパフォーマンスの勉強をしてもらえますし、ベルタサロンはこれまでのほっそ長い部屋(笑)と違って間取りが良いので、演技の勉強も以前よりしやすくなると思います。

まふじ演技スタジオさんは私の主宰していた講座同様にラジオドラマや吹き替えやナレーションや演技の勉強をなさいます。
一方、受講生の顔ぶれは私の講座と違って小学生から大人のかたまで幅広く受講なさっています。意外なことかも知れませんが、大人は子供の演技や表現から大切なことを学ぶことができますし、子供は大人と勉強することで社会勉強にもなります。(ちいさな人の演技は凄いらしいですよ!)
未成年のかたが受講なさる際は保護者のかたの同行も大歓迎だそうです。せっかくなので一緒に演技してもらったら楽しいかも知れません(笑)
実際に演技にハマる保護者もいらっしゃるそうです(笑)

皆さま、ぜひ「まふじ演技スタジオ」さんで、楽しく演技をなさってください!
私もいつか同じ教室で講座をやれるとうれしいですね〜


posted by 塾長 at 11:27| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

朗読ミュージカルの稽古を始めました〜!

8月20日、いよいよ第2期の稽古が始まりました〜!!

第2期からの稽古場である「天王寺区民センター」での稽古です。
演出および指導に当たっていらっしゃる中井敬二先生は、これから、稽古のたびにキーボードを担いで来られることでしょう(笑)
また区民センター所有のラジカセも借りて、レパ(歌)の指導をなさいます。

中井先生は作品に込められた「思い」や「願い」を第一に指導なさいます。「音程の良し悪しや、セリフの言い方などにこだわってはいけない」と説かれます。音楽の先生であったにもかかわらず、その曲や、歌詞に込められた「魂(たましい)」を大切にしたいとお考えなのですね。
私もその考えに共感いたしますし、私が指導する際も、それこそが大事と申します。

さて、さすがに第2期の始めですので、参加者は、レパートリーの音取りに四苦八苦なさっていたようです(笑)
う〜ん、参加者の皆さんには、今まで以上に作品やオリジナルナンバーに取り組んでほしいと思います。
自分を追い詰める必要はまだありません。
カラオケや楽譜は参加者に配布して、自主練習できる環境を作っておりますので、時間のある時に「なんとなくカラオケを聴く」「歌詞を読んでおく」だけでも向上します。

制作担当および音響スタッフをやる私も、参加下さった皆さんが稽古や本番で困らないように考え、対応してまいろうと思います。

これからも色々な問題や困難が個々にあることでしょう。
でも、前回のブログでも申しましたが…

「努力しておれば誰かの助けがある」

※「求めよ、さらば与えられん」ということですwww

ということを信じて稽古に励みましょう!
ガンバエ〜〜〜!!!

posted by 塾長 at 02:47| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!