2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2019年08月08日

昔…こんな仕事があった… 2−3

SさんとOさんの出番収録は終わりました。
私の大阪弁指導もつつがなく終え、とくにSさんからは大変感謝してもらいました。
監督(名前はもうすっかり忘れた)も、SさんとOさんには最敬礼ならびに何度も頭を下げてお礼をおっしゃっていました。
ところが…SさんとOさんが現場をアップしてから、まあ〜〜〜その監督の偉そうなこと!!!(笑)

私を始め、在阪の出演者やスタッフには「おい、お前!」と呼ぶのがデフォルトでした(笑)

一般の会社などでもよくあることですが、「相手によって態度を変える」という人間はその成長過程に問題があるように思います。
きっと辛いことが多かったのでしょう。
それは理解できるのですが、やはりそういう人間は周囲から信頼を得るのはむずかしいでしょう。
類は友を呼ぶと言いますが、その時のスタッフもこの監督と似て、「他者を見下す」者が多かったように思います。

ロケは真冬で、かつ山の中です。
確かに作品の内容的からしても「降雪」「吹雪」がほしいのは理解できます。
当時はCGもありませんしね?

私や多くのエキストラ(子供たちが多かった)はロケバスに乗って、雪の降り積もった山中に到着しました。やや広場になったところで降ろされ、ロケバスはどこかに行ってしまいました。私はてっきり待機場所がどこかにあると思っていたのですが、撮影スタッフ(全員、防寒着を着用)はどこかに移動してしまいました。何度も撮影現場を体験している私は「エキストラカット(雪が積もっている風景など)を撮影に行ったな」と思いました。同時に「これは時間がかかるぞ」とも思いました。
私同様に、その広場に残されたエキストラ俳優さんたちを見ると、その多くが裸足でわらじを履いているだけなのです。子供たちの多くはガタガタ震えて地団太を踏んでいる子供もいました。
なにしろ雪の降り積もった山道に「裸足のわらじばき」で立っているのです。しかも全員が薄い着物という衣裳です。事前に「防寒するように」という指示はありませんでした。
以上のように撮影スタッフや制作スタッフやADからは何の告知もなく、いつまでこの場所にとどまっているのか、どこかに移動するのか、トイレはないのか、何の情報もありません。
かなりまずい状況です。

私は通りかかったADと思しきスタッフに話し掛けました。

私「いつまでここで待たせるのか?」
AD「わかりません」
私「いや、それはイカン。待機場所やトイレは確保しているのか? もしそうならそこに移動させてやるべきだ」
AD「待機場所はありません。トイレはその辺で済ませてください」
私「いや、男ならそれでも済むかも知れないが、エキストラさんたちの中には女性もいる。なんとかトイレだけでも探してくれ」
AD「すみません。急ぎますので(去る)」

簡易カイロが配布されたのは、私たちが置き去りにされてから2時間ほど後でした。
そしてやっとエキストラ俳優さんたちの撮影が行われ、完了したのは2時間後でした。
つまり4時間も雪の山中に「薄い着物、裸足、わらじばき、トイレなし」で彼らは仕事を全うしたのです。

これが「人権映画」の撮影現場でした。

ちなみに同行した私の出番は延期されました(笑)

吉本騒動に寄せて…
posted by 塾長 at 00:50| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

昔…こんな仕事があった… 2−2

さて、喫茶店に入ったのは出番待ちのためです。
S・Tさん(男優)とO・Nさん(女優)と私とは喫茶店で出番を待っておりました。と…そこにこの映画の制作を請け負っている会社の社長(女性)が来ました。

型どおりというか、社長はS・Tさん(男優)とO・Nさん(女優)に出演を引き受けてくださったお礼を述べました。
(以下、社長は「社」、O・Nさんは「O」で表示)

社「私らの会社もこういう差別をなくす映画を作らせてもらっています」
O「それはいいことやね〜〜。私もそういう(被差別部落民)ところの出身の人を差別はしないのやけどね〜」


社長の言葉に「差別をなくす映画」というのがありました。私はこれを聞いてゾッとしました。
なぜなら、「この映画はもちろん、これからもこういう人権映画は作られていくだろう。そしてその結果、世の中から『差別』というものがなくなったら、もうこのような映画を作る必要性はなくなるということだ。だとしたら、この映画制作会社はどうなるのだろう? そしてそのような映画に関わる俳優やスタッフ、私も含めて仕事がひとつなくなるということにつながるのではないか…」という発見があったのです。

これは大いなる矛盾ではないでしょうか?

つまり「差別をなくす映画」を作ることは「自分たちの生計を失くしていく行為」だからです。
「健康のためなら死んでも良い」と言っているようなものです(笑)

さて、Oさんの発言の中に「そういう(被差別部落民)ところの出身の人を差別はしない」というのがありました。
Oさんは私の知る限り、「弱きものに寄りそう作品」に出演して来られた女優さんでした。
私のような人間にも親しく言葉を交わしてくださったのです。
確かにOさんの言葉に「差別の意図」は感じませんでした。
しかし、「そういうところの出身」という言葉に「差別意識」を感じてしまったのです。

私にはこの社長やOさんを批判するような資格はありません。
私は自分の中にある差別意識や優越意識を見たような気がしました。

‐つづく‐
ラベル:人権 映画 意識 差別
posted by 塾長 at 01:36| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

昔…こんな仕事があった… 2−1

昔、ある劇団に俳優として所属していたころ…

ある寒い冬の日、マネージャーが「仕事があるから来て」と言ってきました。
当時は…今もそうかも知れないのですが、「人権啓発映画」というのをよく撮影していました。
被差別部落の問題や、在日外国人(特に韓国人や北朝鮮人)への差別の実態を作品を通じて訴え、「差別をなくそう」という啓発・啓蒙作品です。
こういう作品は小中学校や高校でも上映されていたと思います。
今回の仕事はそういう映像作品に出演するという話しでした。

私の所属していた劇団はそういう社会問題に取り組むのも熱心でしたし、私もどちらかと言えば左翼的だったので、仕事の上でも思想上でも、そういう仕事に取り組む姿勢は持っておりました。
人間が「である」ことで良し悪しを評価されるということに不条理を覚えるからです。
人間は「行動」でこそ評価されるべきだと、それは今も思います。

さて、今回の仕事はいささか複雑でした。
と、言うのも、主演なさる俳優は主に東京の劇団の俳優で、多くが関西弁を話せません。ところが舞台が大阪なので、俳優さんたちは大阪弁を話さないといけません。
そこで私は、そういう俳優さんたちへの大阪弁の指導も受け持つことになりました。
主演なさる俳優さんは、まずS・Tさん(故人)という九州出身の男優さんで、全国的に著名な連続ドラマにも出演なさっていましたので、お名前を出すと多くの方は御存じでしょう。
このS・Tさんとはこの仕事を機に、私的にもお付き合いをしていただくようになりました。私が大阪でささやかな演劇公演をした際にはわざわざご観劇くださったくらいです。(笑)

いまお一人は宝塚歌劇ご出身のO・Nさん(故人)です。このかたは以前から私が「うまい女優さんだなぁ」と思っていましたので、実際にお会いして親しく会話できましたことは望外の喜びでした。もちろん実名を出すと多くのかたがご存じの俳優さんです。
O・Nさんは厳密な意味での関西のご出身ではないものの、永らく宝塚歌劇にいらっしゃったのでので、関西弁も堪能で、私が方言指導をすることはなかったのですが、その演技を間近で見られたことは私の宝物です。

さてさて、私とS・TさんとO・Nさんとは撮影現場近くの喫茶店で出番待ちをすることになりました。

‐つづく‐
ラベル:人権 宝塚 映画 啓発
posted by 塾長 at 01:59| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

昔…こんな仕事があった… 1

昔、ある劇団に俳優として所属していたころ…

ある寒い冬の日、マネージャーが「仕事があるから来て」と言ってきました。
私はマネージャーに仕事の内容を聴きにいきました。

マ「○○というテレビドラマ、前に出たよね?」
私「あ〜、はい〜出ました〜」
マ「いま収録しているのがあるんやけど…あんた…水泳は得意?」
私「いや…あまり得意ではないですけど…」
マ「あ、得意じゃない。ま、ええわ、別に泳ぐわけやないから」
私「は?」
マ「その番組で、自転車をこぎながら○○川(結構深い運河)に飛び込むシーンがあるの」
私「はぁ…」
マ「その役、うちの劇団のAがやってるの」(Aはこのマネージャーの配偶者)
私「はぁ…」
マ「でもA(マネージャーの配偶者)が真冬に自転車で川に飛び込むってあぶないやん?」
私「はぁ…それは…誰であってもそうですね…」
マ「テレビ局にそれはあぶないですって言うたら、誰かスタントマン(代役)を出してくれと言われたんよ」
私「はぁ…」
マ「で、あんた代役やってくれる?」
私「はぁっ???????」
マ「体型も似ているし、ええのと違う?」
私「………断りますわ」

人を人として思わない。
これが劇団や芸能事務所です。

吉本騒動に寄せて…

posted by 塾長 at 00:00| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

こけたらタイヘンなことに ‐その6‐

網膜裂孔(網膜に穴が開いている状態)をレーザーでふさいでもらった私です。

驚くべきことに、もう翌日には目の前をゆらゆら通り過ぎていた白い影がなくなりました!
その代わりと言ってはいけませんが、「普通の飛蚊症程度」に、右目に茶色のモヤモヤが流れる程度になりました(笑)
やはり文字は見にくい状態ですが、「網膜剥離」まで至らずに済みました。
ちなみにこのレーザー治療の費用は3万円くらいでした。
両眼だと4.5万円くらいだそうです。(いずれも国保の3割負担適用で…)

明るいところ(昼間の屋外など)では茶色のモヤモヤが見えますが、暗いところ(室内など)では、あまり気にならない程度にはなりました。

現代の医学は相当に進歩しているのですね!
まず「痛みの軽減」というところでは私の想像を越えていました。
欲を言うなら「もうちょっと安くなりまへんか?」というところです。
だって年間に30万くらいの保険料を支払っているのですからね…。
ちなみに私にかかる治療費を「実費計算」してみたら、そっちのほうが、毎年支払っている国民健康保険料より安く済みます(笑)
このあたりも政治による理不尽な結果なのかも知れません。

「国民の生命と財産を守る」という美辞麗句はどういう意味なのかと考えさせられます。

私などよりもっと…
苦境に立たされている人がたくさんいます。
理不尽な状況に追い込まれている人がたくさんいます。
難病に苦しんでいる人がたくさんいます。

この国は、そんな辛い人々を救ってくれる国であってほしいと願うクソジジイです。

※頭を強打したときは、ぜひ病院に!

posted by 塾長 at 02:26| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

こけたらタイヘンなことに ‐その5‐

さて、眼底検査の結果「網膜裂孔(モウマクレッコウ)」だと診断された私です。
実は翌日にナレーションの仕事を控えていたので、「明日じゃダメですか?」と医師に尋ねたのですが、「一日も早く処置したほうが良い」との意見でした。
しょうがないですなぁ〜〜〜〜。

散瞳薬(サンドウヤク)を点眼していたので、丁度良い状態だったのでしょう。
30分ほど待合室で待っておりましたら施術の準備ができたと呼ばれました。
施術するところはちょうど眼鏡屋さんで視力検査をするような場所で、機械も同じような感じのものでした。
だから機械を挟んで医師と私が椅子に座って対面するような形です。

「これって、よくある施術なのでしょうか?」と私。
「もっちろんです!」と意気揚々とお答えになる医師。

これで少し安心できました。

医師は私の右目にレンズをはめました。
ちょうど昔を舞台にした映画で、凸レンズを片目にはめるようなシーンがあるでしょう?
学者や研究者が細かいものを見るときに自分の片目にレンズをはめる……ああ言った感じです。
もちろん医師がご自身の左手で私の右両まぶたにはめた状態にしてくれるのです。
「まばたきしたらどうしよう…」と思っていたのですが、レンズをはめられたお陰で、右目はまばたきをせずにすみました。(左目はまばたきができます)

やがて医師が機械を操作して、私の右目に「バンバン!」と音を立ててレーザーを照射なさいます。
最初は「まぶしいなぁ〜」くらいの感じでしたが、やがて「ズ〜〜〜ン〜〜」と右目奥に少し痛みを感じるようになりました。
例えて言うなら、爪楊枝で皮膚を刺されているような痛みです。その痛みが脳に加えられていると言ったところでしょうか…。
ガマンできないような痛みではありません。
「治療のためだ」と思えば耐えられるくらいの痛みです。(ちなみに私はかなりの「痛がり」ですwww)
5〜10分程度で処置は済みました。

これで治るのでしょうか?
目の前をうろうろしていた白い霞はきえるのでしょうか?
ちゃんと見えるようになるのでしょうか?
またこの「高い」治療を続けないといけないのでしょうか?
さまざまな不安が脳裏をよぎります…

‐つづく‐

posted by 塾長 at 02:25| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

こけたらタイヘンなことに ‐その4‐

私は仕事上もPCをよく使います。
転倒してから2週間ほど経ったころでしょうか。PCの画面を見ていると目の前を白い影が左右に動いて見えます。
「去年の夏から自覚し始めた飛蚊症がひどくなってきたのかなぁ〜」
とは思っていたのですが、いくらなんでも一時的な症状だとは思えません。
私の母も白内障を患い、その後、視神経の血管が詰まって片目が見えなくなったということがありました。
また糖尿病患者は「年に1回くらいは眼底検査を受けないといけない」と言われていましたので、近所の眼科を受診しに行きました。

ちなみに私の叔父と従弟は眼科医なのですが、いかんせん、いずれも東京で開業しているのです(T_T)
近くだったら相談しに行ったのですがね…。

さて、眼科に行きましたらまずは「散瞳薬」の点眼です。
これは眼底を観察するのに瞳孔を開いておく薬です。通常は明るいところを見ると瞳孔が自動的に閉まるのですが、この薬を点眼すると開きっぱなしになるので、昼間は結構まぶしくなります。だいたい4〜5時間は瞳孔が開いたままになります。その間はまぶしいです。
眼底検査を受ける方は夕方に処置してもらうか、昼間でないとダメならサングラスをお持ちになると良いでしょう。
でないと、外に出た時に結構あぶないですよ?
ただし、単なる「目薬」ですので痛くはありません。

眼底の写真を撮影して、やっと診断が始まりました。
眼底の撮影は強い光が目に入るので、少し辛いのですが、痛くはありません。
「まっっぶしいな〜〜〜!!!」くらいの感じです。

ここで医師から「網膜裂孔(モウマクレッコウ)を起こしている」と告げられました!!

眼球の奥には写真で言うフィルムあるいは別の言い方なら「スクリーン」があり、それは三層構造になっているのですね。
最初の層が「網膜」で、その下に「脈絡膜」、最下部に「強膜」というのがあるそうです。
私の場合、網膜に裂け目ができていて、今後、仮にその裂け目に水(硝子体というゼラチン質がやがて加齢とともに水状になる)が入り込むと網膜が水の力で浮き上がり「網膜剥離」を引き起こすそうです。
ただ、厳密に言えばすでに「ごく一部分で網膜剥離が起こっている」とも言えそうです。

そこでその「網膜裂孔(網膜の裂け目)」の周囲をレーザーで焼いて、後ろにある脈絡膜に焼き付けることで、水が入らないように接着してしまうという処置が取られることになりました。
これを「網膜光凝固術」と言うそうです。
さてさて、気になるのはそのお値段!!
国民健康保険は適用されるのですが、それでも片目で3万ちょっとかかります。
医師は親切で、「もし民間の健康保険や医療保険に加入しているなら補填されるかも知れませんよ」とアドバイスをくれました。
後日、加入している保険会社に問い合わせたのは言うまでもありません。
ただ、残念ながら私の加入している保険は対象外でした(笑)

歳を取るとお金がかかります!!

‐つづく‐



posted by 塾長 at 01:48| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

こけたらタイヘンなことに ‐その3‐

昏倒して歯が欠けてしまった私は翌日すぐに歯医者に行きました。

砕けているところは削ってもらい、事なきをひとまずは得ましたが、欠けてしまったところは微妙な欠け方だったので詰め物だけすることになりました。

数日後、掛り付け医のところに行って糖尿の薬について相談しましたところ、処方された新しい薬は昏倒するような低血糖を起こすような薬ではないはずだとのことでした。
まあ、私もそうではないかと思っていましたけれどね…。

やはり気を失ってしまったのは「こむらがえり」で相当な体力を使ったせいではないかと確信した次第です。

しかし、掛り付け医は様子を見るために前に服用していた薬の1週間分の処方箋を書いてくれました。
私は早速ドラッグストアで前の薬を購入し、1週間服用しましたが特に変化はなかったので、また新しい処方の糖尿病薬を服用し始めましたが、やはり重篤な副作用は認められませんでした。
ただ、歯の詰め物はあっさりと外れてしまったので、歯はそのまま欠けた状態でいます(笑)

これでひとまず歯と薬の問題はひとまず解決したように思います。

ただ、転倒した時に打撲した頭と顎には瘤ができてしまい、ナレーションをするときには唇がうまく動かず発音に苦労しました。
発音の中心は「舌の動き」なのですが、やはり顎などの筋肉も補助的に使っているのだと実感しました。
ひとまずナレーションの仕事では、この期間は無事にやり過ごしました。

ところが…
どうも物が見にくくなってきたように思います。
今使っている遠近両用めがねも、もう5年くらい使っていますから、度数が合わなくなってきているのかも知れません。
それに去年の夏ごろから飛蚊症(ヒブンショウ)みたいな自覚もあります。
これは目の前をモヤモヤとしていて鬱陶しい〜〜〜〜!!!

そろそろ眼鏡を新調しようか…
あ、糖尿病性網膜症とやらもあるらしいし、そろそろ眼科検診を受けたほうがいいだろうなぁ…
ナレーションをするにしろ、演技指導をするにしろ、視覚は重要ですからね。

そんなことを考えていたある日…

‐つづく‐

posted by 塾長 at 00:10| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

こけたらタイヘンなことに ‐その2‐

夜、家内と一緒にスーパーに買い物に行きました。
家内がレジで精算をしている間、私は店の外で立って待っておりました。
すると突然、目の前が真っ暗になったのです!
ちょうどパソコンが訳もなくシャットダウンするような感じです。

ピュ〜〜〜ンッ!

私は誰かに投げ飛ばされたような具合でその場に倒れてしまいました。

そしてその時、前頭部(おでこ)と顎をしたたかに床に打ちつけたのです。
すぐに意識を取り戻して立ちあがりましたが、何やら口の中がジャリジャリします。
すぐにその場でペッと吐き出しました。(お店の人、すみません!
どうやら歯が砕けていたようです。

私は糖尿病ですので低血糖を起こしたのかと思いました。
また最近、かかりつけ医が変わって、糖尿の薬を変えたこともあって、その薬の影響もあるのかも知れないと考えました。
これは明日にでも早速かかりつけ医のところに行って相談しないといけませんね…。
おっと、それよりも砕けた歯の治療を先にしないといけないでしょう。

ほかの考えとしては、やはり前の日の「こむらがえり」による睡眠不足が原因かも知れません。
あまりに疲れ過ぎていたので倒れたのかも知れませんね。
と申しますのは、新しい糖尿の薬は、以前服用していたものと効果はさほど変わらないという説明を受けていたからです。
昼間はなんともなかった……いや、「なかったつもり」なのですが…

家内曰く「歳を取ってからこけると頭から倒れる」とのこと。
あ〜〜〜、歳は取りたくないもんですなぁ〜!

糖尿のかかりつけ医には行かないといけないし、歯医者にも行かないといけないし…
歳を取ると嫌でも医療費が嵩みます…

‐つづく‐
ラベル:糖尿 低血糖 転倒
posted by 塾長 at 23:58| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

こけたらタイヘンなことに ‐その1‐

あるイベントに出席しました。
ちょっと普段着では行きにくい場所だったので、当日は年に1,2回しか着用しないスーツで赴きました。
何日か前からスーツを出して、皺取りもちゃんとして準備をし、ネクタイやカッターシャツなども出しておきました。

さて、当日の朝、まずはカッターシャツを着て……ん?……あれれ?
「シャツが小さい!! 首のボタンが止まらない〜!!」
慌てて大き目のサイズのカッターシャツを探し出し、そそくさとスーツを着ました。
靴下もスーツ用のものをおろして履いて、さて靴を履いてみると…
「靴が大きい〜〜〜!!!」

こりゃいけません!
いけませんが、もう時間がない!
ええい! ままよっ!

と、出かけましたところ、まあ靴の中で足がツルッツルッ滑る滑る〜〜〜。
普段は絶対にしない歩き方でイベント会場に電車で向かったのであります。

さて、イベントに出ている時間は無事に終わりましたが、その最中も私の足は靴の中でツルッツルッ〜〜〜。
そのたびに足に負担がかかっていたのでしょう。
駅からの帰路では足が何度も攣って、足を引きずりながら帰宅したのです。

帰宅後に氷で足を冷やさなかったのが、今となっては悔やまれます…

その夜の就寝後、案の定、何度も足が攣って目が覚めました。
はっきりとは覚えていないのですが、4,5回は両足が攣って目が覚めたと思います。
実際に寝たのか寝ていないのかも判然としない状況で翌朝を迎えました。

さて、この日の夜…
とんでもない災難に見舞われた私です。

‐つづく‐

ラベル:攣る 合わない
posted by 塾長 at 00:23| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!