2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2020年01月14日

演出や指導者に必要なもの 2〜客観性と想像力〜

演出は「演技指導者」である必要はありません。
いや、中途半端な演技しかできないなら、むしろ邪魔ですらあると思います。
なぜなら俳優の演技が自分の思っているものと違っていたら「見本」を見せてしまいがちだからです。こういうのは「踊る演出」と言います。
セリフの言い方を決めてしまったり(口伝)、動きを決めてしまったり(振付)というような演出です。

私も元来演技者なので、演出時につい「見本」をやってしまいそうになりますので、できるだけ我慢します(笑)
見本をやってしまうと俳優はその物まねをするだけで演技をしたことになります。これは俳優を「操り人形化」する演出です。絶対にやってはいけないと言っても過言ではないでしょう。

演出は「本番まで舞台を見ることが無い観客の代理」です。
その演技で観客に意味が伝わるか、その発声で観客に言葉が伝わるか、観客はこの場面で何を見たいか、などという「客観性」が必要です。文字通り「客が観る」のですからね。
演出だけが意味をわかっているというのではダメなのです。
ところが演出や俳優は「わかってしまっている」ことが多いので、つい「客観性」を失いがちです。
だから私は演出時には俳優はもちろん、さまざまなスタッフにも意見を求めます。

「このセリフで意味がわかるか」
「このシーンの意味が伝わるか」
「どこか意味不明なところはないか」
「そもそもこのシーンは面白いのかどうか」etc.

そのように他者に意見や感想を求めることで、俳優もスタッフも「人ごと」で済まなくなり、全員がその作品に主体的に取り組めるようになることが多いのです。

演出は神様でも芸術家でもなく、調整係であるべしというのが自論です。
(これは会社などでも言えることでしょうね)

さて、以上のことにも関係するのですが、演出や指導者は俳優やスタッフやレッスン生(学生など)の気持ちや事情に思いを致さなければいけないと思います。
自分のダメ出し(できればこの言葉をやめて「オーダー」とか「提案」とか「助言」「意見」がいいですね)がちゃんと俳優やスタッフに伝わっているかを考えないといけないということです。

「無理な注文をしていないか」
「無駄な努力をさせていないか」
「演出の指示に納得できているかどうか」
「何か困っていることはないか」etc.

いわゆる「想像力=思いやり」がリーダーたる演出担当には必要だろうと思います。
いくら有能でも、思いやり(想像力)のないリーダーではメンバーからの信頼を得られません。
(これも会社などで言えることですね)

〜つづく〜


posted by 塾長 at 14:25| Comment(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!