2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2018年01月23日

第20回講座「ボイスドラマ」D

いよいよ今年度最後のレッスンです。
6名の受講生の皆さん、1年間ありがとうございました。

最後にそれぞれの感想をお聞かせくださいました。

●思いきった演技をするにはどうすれば良いだろうか考えさせられた。
●叫ぶ、唸るなどの音声表現をのどに負担なく行うにはどうすれば良いか。
●疑問に対しての具体的回答があったので参考になった。
●きれいに読もうとするクセがなかなか抜けなかった。
●受講生が幅広い年齢層だったので参考になった。

それぞれに私の意見や回答を述べましたが、それは「参考」に過ぎません。本当の答えは自分で見つけ出すものですね。広く世間で行われている訓練や方法などに疑問を持って、自分なりの工夫や考え方で訓練および勉強なさることをお勧めします。

演技は「技」という文字が含まれているので「技術」だと思われがちですが、そうではありません。
もちろん多少の技術的なものはありますし、古典演劇では「技」がベースになっています。
しかし、本質的には「心の動き」すものだと思います。
だからあえて漢字で表現するなら「技(わざ)」ではなく「業(わざ)」かも知れません(笑)
「人間の業(ごう)」を表現するのが演技なのではないでしょうか?

からの新年度開講は未定ですが、また開講した際には引き続き受講してくだされば幸いです。
皆さんの表現活動が豊かになりますように…
posted by 塾長 at 21:02| Comment(0) | 演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!