2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2017年10月04日

第13回講座「ナレーション」B

さて、映像ナレーションも3回目です。
例によって、まずは音効のない映像にナレーションを当て、その後、音効付きの映像でナレーションをします。
やはり音楽を聴くとその場面での演出意図が汲み取れるので、表現にも変化が生まれやすい、言いかえればナレーションしやすくなります。
私は自分がスタジオでナレーションをするときは「できれば私の声を返(ヘッドフォンに送る)さないで、音楽だけ聴かせておいてください」などとエンジニアに注文することがあります。もちろんそれがシステム上難しいときは自分の声も一緒に返して(ヘッドフォンに送る)もらいますがね?
自分の声を聴くと、発音や声の悪さが気になるので聴きたくないのです(笑)
でも受講生はまだ自分の声を聴きながらナレーションをするほうが良いでしょう。

アナウンスに近い「ナレーション」でも、場面によっては思い入れのある表現や、マイクのオンオフなどのマイクワークが必要に、あるいはそれが効果的になることがあります。
そういう意味で「演技」や「ラジオドラマ」の訓練もナレーションに役立つことでしょう。

あらゆる訓練や考え方がリンクして表現が成立していることを理解してもらえれば幸いです。

次回は4回目ですが、ひとまず残っている最後のシーンを録音しましょう。
5回目は全編(11分程度)をノンストップで読んでもらいます。気力(集中力)と体力の訓練です(笑)
posted by 塾長 at 23:21| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!