2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2016年08月06日

誰がライバルというより

いよいよリオ・オリンピックが始まりました!
このスポーツの祭典が大好きだった私ですが、今回のオリンピック……さっぱり興味が湧きません(笑)
何が原因かさっぱり思い当たらないのですが、全然テンションが上がりません。
テレビもだらだらと付けっ放しにしています。
私のスポーツ観戦熱は女子カーリングの世界選手権と、昨年のラグビーワールドカップで燃え尽きたのでしょうか?
プロ野球も今年はぼんやり見ております。

さて、オリンピックに出場なさる選手の皆さんの御健闘はもちろん祈っております。
ケガのないように、せいぜいがんばってください。

さて、テレビを見ておりましたら、ライバル関係にある二人の選手のインタビューを小耳にはさみました。
それにインスパイアされて、ショートショートを書いてみました。

※登場する地名、人物名、団体名はフィクションであり、実在のものとは関係がありません。

----------------------------------------------------------------
【誰がライバルというより】

「誰がライバルというより、ダイスケには絶対に負けられないと思ってますから」
「コウジがいたからここまでやって来れたと思ってるし、コウジに勝つのが目標です」
 萩原幸次と瀬川大輔は同い年の競泳選手。小学生の頃からお互いを友人として、仲間として、そして何より「ライバル」として競い合ってきた。しかし、今年はそんな二人の関係が「戦友」に変わったのである。二人は揃って日本代表としてオリンピックに出場することになったのだ。

 ついにその日、男子100メートル自由形決勝。萩原と瀬川は隣同士のレーンである。
ピッ!
ザッパーン!
 萩原のほうがややスタートは良かったが、しかし、瀬川も得意のバサロですぐに萩原に追いつく。そして、ほぼ二人同時に浮き上がった! すでに二人にとっては、ほかの6選手の泳ぎなど眼中にない。萩原、瀬川ともに視界の隅にライバルを捉えつつ、早くも50のターン!
 スタートで萩原にやや遅れをとった瀬川が、ここで絶妙のターンをして萩原を体半分リードする。逆転だ! しかし、萩原は後半が得意。
瀬川、このまま逃げ切れるか! 
残り25メートルで瀬川と萩原の差は体ひとつに開いたが…おおっと、やはり萩原が追い上げてきた! 追い上げる! あと10メートル! 瀬川逃げ切れるか! 萩原追い上げる! ほぼ並んだ、並んだ! どっちだ? どっちだ! ほぼ同時にタッチ〜〜〜!

電光掲示板を見上げる二人…

萩原だ! 萩原が最後のタッチで0.0002秒の差をつけて瀬川を破ったぁ!
彼らは互いの健闘をたたえ合い、ロープブイ越しに抱き合った!
「ダイスケ!」
「コウジ!」
 感動的なフィナーレ! これぞオリンピック!

すでにゴールしていた他国の6選手は足を止め、プールサイドからそんな二人に温かい拍手を送っていた。

posted by 塾長 at 23:57| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!