2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2015年05月14日

ボイス系講座「ナレーション・発声」第3回

今回は自宅でできる簡単な発声訓練をお教えしました。

「発声」は何回か申しましたように私どものような「しゃべる表現」ということを前提にした場合、「呼吸」「共鳴」「発音」の3つの要素で成立していると私が勝手に考えておりますので、今日はその3つの要素を同時に練習できる方法の説明と実践です。

ニュースのアナウンス原稿を使って皆さんに実習していただきました。

なにぶん初めて接する訓練なので違和感もあったでしょうし、結構しんどい訓練かも知れませんが、短時間でできるし、効果的な訓練だと思いますので、コツコツと練習してくださると幸いです。
1日2~3分程度で徐々に効果が現れると思います。

演劇などの「舞台的発声」の場合は横隔膜の下げを実行しなければならないので、相当にうるさい練習になりますが、ナレーターやアナウンサーの訓練ならばそんなに大きな声は出さなくともいいので自宅でも練習しやすいですね。

基礎的なこの訓練のあと、初回のレッスンの続きとして番組ナレーションを最後まで収録しました。

今回は私が所有しているSONYのC38Bという、市場価格14〜17万円のコンデンサーマイクを使いました!
C38Bは漫才などで舞台にポツンと立っている「あの」マイクです(笑)
sony_c38b.jpg
なぜか私はこのマイクを3本も所有しています(?)
プロの録音スタジオでも使っているところがありますので、ナレーションにも使えるマイクだと言えますし、ファンも多い機材です。
でも、いいマイク(値段の高いマイク)を使ったからと言ってナレーションそのものがうまくなるわけではありませんけどね(笑)

ときどき「値段の高い機材」を揃えれば「うまく聴こえる」と思っていらっしゃるような人に会います。
昔、ギターを弾いていたころ、自分もそうだったような気がします(笑)
posted by 塾長 at 10:41| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!