2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2015年02月28日

通信講座を行いました

何人かのかたが「Skype」を利用した(文字通りの)通信講座を受けてくださっています。いつもありがとうございます!

さて、昨日も遠方にお住まいのFさんとチャットで「ナレーション」のレッスンをしました。
いつもはチャット用のヘッドセットを使っている私ですが、昨日のレッスンでは「宅録システム」(私の所属しているDNA計画ではこれを【Yesta】イエスタと呼んでいます。「家スタ(ジオ)」ですwww)をセッティングして行いました。
このイエスタ・システムだと自分の声はもちろん受講生様の声もきれいにこちらのPCで録音できるのです。
受講生様のチャット機材が同様のシステムならさらにきれいに録音できることが多いようです。
詳しくは「DNA計画」のブログの記事〈改訂版・パソコンで高音質録音する〉シリーズをご参照ください。

さて、以上のようなシステムを利用したお陰でしょうか、Skype経由とは言え、かなり「ストレスフリー」でレッスンも出来ましたし、受講生様の音声も録音できました。(もちろん録音したファイルは参考資料として受講生様個人にお送りします)

レッスンで課題となった点は、受講生のかたが「ナレーション」「朗読」「セリフ(ラジオドラマなど)」というように「表現様式」を分けて認識していらっしゃることのように思いました。
和食の定義とか、音楽のジャンル分けというのに似ています。これらはいずれも「便宜的」なものではないでしょうか?

私は大昔、「作曲なんてできない、わからない」と思っていました。
音楽理論を知っていなければならないとか楽譜が書けなければならない、さらには「ピアノが弾けないと無理だ」などと思いこんでいたせいでしょうwww
ところが、若いころ、ツトム・ヤマシタという日本の音楽家の作品を聴いたとき衝撃を受けました。
曖昧な記憶で申し訳ないのですが「ノイズでも、それが繰り返されて、その結果、その音が耳に心地よくなれば、それはもう音楽だ」というようなことをおっしゃっていたように思います。
これは私の目を開かせてくれました!
その後、私はあろうことか「作曲」もするようになりましたし、楽譜まで書けるようになりました(笑)

「自分の能力の発展を妨げているのは、ほかならぬ自分だ」ということに気づけば、表現はもっと自由に、そして幅広くなることでしょうね〜。



posted by 塾長 at 00:49| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!