2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2020年04月12日

発音訓練になりそうな原稿を提供いたします

ますます過酷な状況になっております。
私のような小さな人間では何もできません。
せいぜいナレーションとか朗読とか演技とかラジオドラマについて意見できるくらいです。
あ、「発声訓練」もそうでした(笑)

さて、その「発声」というか「発音」(「発音」は発声の一部です)というか、それに役立ちそうな原稿をアップしました。
声優、ナレーター、俳優などを目指しているかたは、どうぞ参考になさってください。
この原稿は、スポーツで言えば「準備体操」みたいなものですので、この原稿をスラスラ読めたからと言って「滑舌の良さ」を確約するものではありません。まあ〜言ってみれば「外郎売」みたいなもんです(笑)
音読する時の注意点は下記です。

●ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、確実に読んでください。
●可能なら、タオルやハンカチなどで「口を塞いで」読んでください。(声帯の訓練になり、声がよく出るようになると思います)
もちろんゆっくりとです。
●タオルやハンカチで口を塞げるなら、「やや大きな声でゆっくり」読みましょう。これなら近所迷惑にもなりませんし、やはり声帯のストレッチになると思います。びっくりするくらい声が出やすくなると思いますヨ。
●以上の処置を済ませたら、思い切り早口で読んでみましょう。その後、普通に読んでみると、舌が活発に動いているのを実感できると思います。

では、どうぞ!

読みにくいニュース原稿のようなもの.pdf

「どこかの国のリーダー」とやらは発音が、あまり良くないようです。
ぜひ、そのリーダーにも、この原稿で「舌の準備運動」をしてから国の会議に臨んでもらいたいものです(笑)
せっかくこれまでも「こみん(国民)の……しぇいめい(生命)と………だいしゃん(財産)を……… みゃもる(守る)」とおっしゃって来た「リーダー」ですからね? あ、どこの国のリーダーかは忘れました(涙)
いい加減な話で済みません!

字幕がないと何を言っているのかわからない(発音はもちろん「意味」や「意図」においても)ようなリーダーでは、リーダーとは言えませんね。何よりコミュニケーションが大事です(笑)



posted by 塾長 at 02:16| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!