2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2020年02月23日

演出や指導者に必要なもの 3〜論理・科学・知識〜

私は演技や、その表現には「論理」が必要だと思っています。
「論理」というのは「理由」(=なぜ?)を出発点として「手段」(=行為)に至るものではないでしょうか?
「なぜこうなのだろう?」(理由)という疑問から始まって「それを確かめてみよう」(=手段)に展開するものだということです。
それはどんな学問でもそうでしょう?
まずは「疑問」から始まります。
だから私は、私に指導を受ける人には「まず疑問を持ちなさい」と説きます。

余談ながら、皆さん、ご自分の子供のころを思い出してください。
親に「なんで?」「どうして?」と訊いていませんでしたか?
大人は最初のうちは「それはな…」と答えてくれていましたが、そのうち…

「なぜでも! なんででも! そんなこと考えなくていいの!」

と言い始めます。
こどもがおとなへの道を歩み始めるのはこの時なのです(笑)
「なぜ」を問う子供は「人間とは何か」を探ろうとする研究者なのかも知れません。
それに対して「そんなことを考えなくていい」というのが「おとな」なんでしょうね。
学問を放棄する人間、物を考えない人間、他人の自由を奪い服従をさせたがる人間、それが「おとな」なのかも知れません(笑)

世間の「演出家先生」を見ていると「自分に疑問を持たない人」が多いように思います。
しかし、私は「人間の中で一番信用ならないのは自分という人間である」と思っているんです(笑)
つまり世間の「演出家先生」には「疑問」がないのでしょう。

疑問がないというのは科学的な状態ではないでしょう。

私のように演技のことしか知らない人間(実は「知っている」とも言い難いwww)でも、いっぱい疑問はあります。
「なぜ、アイウエオという順番なのか?」
「なぜ、私たちは母音を発音し分けられるのか?」
「なぜ、関西弁と関東弁はアクセントが違うのか?」
「なぜ、上手(かみて)や下手(しもて)というのか?」
「なぜ演劇で俳優は客席に自分のお尻を向けてはいけないのか?」
「発声訓練とはなんだろう? そもそもそれは必要なのか?」
etc,etc.…

いずれも客観的な事実や歴史や都合があったと思うのです。また、人間の生理機能や精神行動もあったと思います。それらは科学的な見地で解明して見るべきではないでしょうか?
ましてや発声と言う「生理機能」を考慮して実施しなければならない訓練なのに、人間の体について調べたこともないというのは「無免許運転」です(笑)
おそらく「教習所」にも行っていないドライバーでしょう。

先生方、自分の頭で疑問を持ち、それを自力で解明してみてください。
そうすればそれが結局は「誰かからの受け売りではない、自分の知識」につながります。

演出をなさる先生には、ぜひ
「あらゆることに疑問を持って」
「その疑問を解明する努力をして」
「舞台知識を得た上で、展開すべき演出を工夫」
してほしいと思います。

バカからのお願いです!

posted by 塾長 at 07:29| Comment(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

立体朗読劇「山椒大夫」のご案内 (通常記事は下に)

私が関係しております大阪芸術大学放送学科〈声優コース〉の卒業公演のご案内です。

声優コース第6期生は明治の文豪、森鷗外の「山椒大夫」を【立体朗読劇】という私も初めて耳にする上演様式でお届けします。
「山椒大夫」は『安寿と厨子王丸』というタイトルで1961年に東映動画によって長編アニメ化されました。
私もこどものころに鑑賞しました。

山椒大夫チラシ_おもて.jpg  山椒大夫チラシ_うら.jpg
(チラシデザインも学生がしました)

上演時間はおよそ70分で途中の休憩はありません。
公演日は2月12日(水)です。もちろん入場無料(ただし、予約要)ですので、ぜひご観劇ください!
チケットの予約方法はチラシ裏に記載しておりますので、ご参照ください。

ちなみにチケット予約用のサイトおよびアドレスは下記の通りです。
https://www.quartet-online.net/ticket/sansyodayu
アクセスしていただくと予約申し込みフォームが表示されますので必要事項をご記入ください。
【支払い方法】の欄があって「当日精算」となっていますが、無料です(笑)
ご心配なく!!
皆さまのお越しを心からお待ち申し上げます
-------------------------------------------------
私も全国各地のホール、市民会館などに行きましたが、公演会場である大阪芸術大学の「芸術劇場」というのはすごいホールですよ!
芸術劇場.jpg

フロントライト.jpg

緞帳.jpg

たいていのホールというのは客席の広さを誇るところがありますが、この「芸術劇場」は「学生の実演」を主眼としているためでしょうか、客席は400程度なのに、舞台の広さ、特にその「奥行き」がすごい!!
ほとんど真四角なのです。ホールだけでも一見の価値があると思います。
こんなホールが学生時代に使えるというのは幸せだと言えるでしょう。
----------------------------------------------------
「大阪芸大までの行き方」
チラシ画像にもありますが、単純に言いますと「近鉄阿部野橋駅から準急に乗って喜志(きし)駅で降り、そこからバスに乗って大阪芸大まで」ということです。
※お客様用駐車場はありませんので電車か徒歩でお越しください。

❶近鉄・阿部野橋駅に行きます(ハルカス1階)。
❷券売機で片道410円の切符を買います。
❸改札を通って、3番線または4番線から発車する「河内長野行き準急」に乗ります。確か、毎時04分と34分、44分に発車していると思います。後ろから3〜4両目くらいに乗るといいでしょう。(途中の駅で後ろの車両を切り離すことがある!)
※13時公演に余裕を持って間に合う時刻を計算しますと、阿部野橋駅発11:44分発の河内長野行き準急がいいでしょう。
※15時30分公演に間に合わせるなら14:04発の河内長野行き準急が良いでしょう。
❹乗車時間は約25分です。道中、田園風景をお楽しみください。
❺「喜志(きし)」駅に到着したら「東出口」から出ます。
❻大学が運営する無料スクールバス(切符も何も要らない)に堂々と乗れば、大学まで乗せていってくれます。乗車時間は約10分です。東出口近くの民営、金剛バスでも「芸大前」に行けます。

大阪芸大に到着しましたら「芸術劇場」までの進行方向(ほぼまっすぐ歩く)が立て看板などで表示されているはずですので、それをご参照ください。歩いて…10分くらいでしょうか…。結構遠いですね。いい運動になります(笑)
緑の多い、素敵なキャンパスですし、一般のお客さまもこの日ばかりは学生食堂や、学内カフェをリーズナブルな料金で利用できますヨ。

これから本番に向けていよいよ追い込みです。
公演の成功を祈ってやってください
-------------------------------------
追記:帰り方
❶ホールを出て、来た時と同じ方向、つまりバスの到着場所方向に向かって歩きます。
❷10分ほど歩いたら最初に到着したところにバスが停まっていると思います。(バスは喜志駅と大学の間をピストン運行しているので、あまり長く待つことはありません)
❸やはり堂々とバスに乗り込みます。
❹やがて喜志駅に向かって走り始めますので、安心していてください。
❺大阪芸術大学のバスターミナルに着きましたら降車して喜志駅に向かいます。
posted by 塾長 at 20:01| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!