2018年8月からしばらく閉講します。 また年度変わりに受講生を募集してみます。

小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←まふじ演技スタジオへのお問い合わせ

2018年01月30日

母の思い出B「せん妄(譫妄、せんもう、英:delirium)」B

母の酸素濃度は80台前半を行ったり来たりしていました。
すでに入院も1カ月を越えていました。
少しでも痰を排出できるように、昼間はギャッジ(背もたれ)を少しだけ上げていました。
しかし看護師さんや医師も「痰を排出できないと厳しい」という意見でした。

そんなある日、兄のひとりがいつものように病室にテレビを見にやってきました。
兄のひとりが母と暮らすマンションにはもっと大きなテレビ3台もあるのですが…(笑)

母は相変わらず絶飲食です。
人間、食べられないことは本当に心身ともに辛いですね〜〜〜。
「絶飲食………?………??」
しかし、自分の唾液は飲んでいますよね?
嚥下機能が全く働いていないわけではないのですよね?
いやいや、素人考えですよ。

その頃、私はある「柑橘系」のお菓子を常食していました。子供のころからレモンなどの酸っぱい果物が好きだったのです。

このまま絶飲食ならいずれ死ぬでしょう。
せめて「何か食べている感覚」を最期に与えようと思いました。
「これ、食べるか?」私は母に尋ねました。
すると「うん」と返事するのです。
そこで「舐めるだけやで? 舐めたら吐き出してな?」と言い聞かせて母の口にその「柑橘系」のお菓子を含ませてやりました。
すると来ていた兄のひとりは「そんなことするな!」と言います。

そう言えば、この「兄のひとり」は多くの知り合いに母の状態を吹聴していたようでした。なぜなら母が個室に移ってから、私が何十年も会っていなかった人や、名前しか知らなかった人や、初めて会う人などが母の見舞いに訪れていたのです。
きっと兄のひとりは誰かれなく「もう、おふくろは死ぬ…」とでも言っていたのでしょう。そう言えば私にも「もう死ぬな? 死ぬやろ?」と何度も念を押していました(笑)
私は当然「そんなこと俺にはわかるはずがないやろ」と答えていましたが…。

さて、その「兄のひとり」に私は言いました。
「どうせ死ぬんやから、もうエエやろ」と…。
でも確かに肺疾患の患者に柑橘系はイカンのでしょうね。
※良い子の皆さんは絶対にマネしないように。場合によって傷害もしくは殺人容疑で逮捕されます。

私はお菓子を口に入れてやりました。
母は私の言いつけどおり、クチャクチャと舐めているだけでした。
しばらく舐めたので、「さ、もう出しや」と言ってティッシュペーパーを口に当ててやりましたら、まじめに吐き出しました。
「あ〜〜〜おいしいわ〜〜〜」と言って嬉しそうな顔をした、その直後です。

グボボボボ!!!!

と、この世のものとは思えない音を立てた母は大量の痰を自力で排泄したのです。
小さな茶碗一杯くらいあったように思います。

「あ〜〜〜〜ス〜〜〜〜っとしたぁ!」

その瞬間、酸素濃度が跳ね上がりました。
そして日ごとに回復し、同時に腰椎の圧迫骨折も好転して行きました。
もう自立することはおろか、きっと歩くこともできないだろうと思っていたのですが、ついに自立歩行できるまでに回復したのです。
母と私は単に幸運だったのでしょう。

入院して1ヶ月半あまり経て、母は念願の自宅マンションに帰ることができました。
私もその後、毎日、母のマンションに行って身の回りの世話をしました。
何しろ腰椎はまだ固定しませんので、ギプスの脱着をしてやらないといけません。これは何回か経験しないと難しく、私が看護師さんに教えることもありました。
あ、しかも母と同居している例の兄のひとりは「絶対、何の世話もしない」とおっしゃっていたので(笑)

ところであの時の母に「柑橘系」のお菓子を舐めさせたことは医師にも看護師にも話していません(笑)
しかし、素人なりの判断ですが、あれがきっかけとなって痰を排泄したのではないかと思えるのです。
しかし、本当にたまたまの偶然であり、幸運だっただけです。

これが、母の死ぬ5年前のことでした…。

posted by 塾長 at 18:12| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

第20回講座「ボイスドラマ」D

いよいよ今年度最後のレッスンです。
6名の受講生の皆さん、1年間ありがとうございました。

最後にそれぞれの感想をお聞かせくださいました。

●思いきった演技をするにはどうすれば良いだろうか考えさせられた。
●叫ぶ、唸るなどの音声表現をのどに負担なく行うにはどうすれば良いか。
●疑問に対しての具体的回答があったので参考になった。
●きれいに読もうとするクセがなかなか抜けなかった。
●受講生が幅広い年齢層だったので参考になった。

それぞれに私の意見や回答を述べましたが、それは「参考」に過ぎません。本当の答えは自分で見つけ出すものですね。広く世間で行われている訓練や方法などに疑問を持って、自分なりの工夫や考え方で訓練および勉強なさることをお勧めします。

演技は「技」という文字が含まれているので「技術」だと思われがちですが、そうではありません。
もちろん多少の技術的なものはありますし、古典演劇では「技」がベースになっています。
しかし、本質的には「心の動き」すものだと思います。
だからあえて漢字で表現するなら「技(わざ)」ではなく「業(わざ)」かも知れません(笑)
「人間の業(ごう)」を表現するのが演技なのではないでしょうか?

からの新年度開講は未定ですが、また開講した際には引き続き受講してくだされば幸いです。
皆さんの表現活動が豊かになりますように…
posted by 塾長 at 21:02| Comment(0) | 演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

母の思い出B「せん妄(譫妄、せんもう、英:delirium)」A

母の酸素濃度は徐々に低下して、80台前半になりました。
これは痰が気道に詰まって呼吸できなくなっているということですね。看護師さんたちも痰の吸引をやってくれていますが、あれは本人が相当に嫌がりますし、それほど劇的な改善は見込まれていないようです。
やはり自力で痰を排出できるくらいでないと回復は見込めないでしょうね…。

差額ベッド代はかかるものの、幸いに個室でしたから、私は息子と交替で1日中、病室におりました。もはや私と孫のどちらかで最期を看取ろうという考えでいたのです。

そんなある夜中、母が掛け布団の胸のあたりを両手の指先で「掻く」ような仕草をしたのです。病室に「カサカサカサッ」という音が響きます。やがてその手の動きは激しくなって「バサッ、バサッ」と聞こえるようになりました。時折、ふとんを叩くようにもするのです。
私はどうしたものかと思い、「どうした? ん? どうした?」と尋ねましたが母は返事をせず、ちょうど胸のあたりを「掻く」「叩く」のです。
呼吸が苦しいのかも知れません。
私はナースコールをしようとしましたが、その時、母の手の動きを注視してみたのです。
すると、「何かを探している」ような手の動きに見えました。
何を探しているのか………

やがて閃きました。「鍵」です。
母は私の父が死んでから、自力で念願の持ち家を購入しました。中古のマンションの一室でしたが、当時かなり人気のあるマンションで3LDKという広いものでした。
そして入院のたびに「家に帰りたい」と繰り返し言っていたのです。

そこで私は自分の家のカギを母の手に持たせました。
「ほらほら、鍵、鍵! ここにあるよ!」と言って…。
すると…ウソのようにスヤスヤ眠り始めたのです。やはり母は「自分のマンションの鍵」を探していたようです。

演技は「行動」で表現されます。それも「言語行動(セリフ)」よりも「身体行動(動き)」にその人間の本音が現れます。
また母に演技を教えてもらいました。

しかし、母の酸素濃度は低いままですし、起きているときも「せん妄」は収まりませんでした。
posted by 塾長 at 11:28| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

母の思い出B「せん妄(譫妄、せんもう、英:delirium)」@

母が死ぬ5年ほど前、やはり入院をしました。
直接の原因は「腰椎の圧迫骨折」です。ちゃんと骨粗鬆症の薬を飲んでいなかったこともありますが、超後期高齢者になるとさもありなんですね。

さて、入院してすぐ誤嚥性肺炎も併発しました。これはまずいですなぁ〜〜〜。

病室を訪ねると、苦しそうな息をしながら、病室の入り口を指差してこう言うではありませんか?

「ほら、見て。ま〜た、こっちを覗いてる。あいつ、この部屋の前を通る時、じぃ〜っと、こっちを見るんや。いやらしいで〜」

私が病室の入り口を見ても誰もいません…。
たまたま部屋にいた兄弟たちも鼻で笑っています。いわゆる「苦笑い」ですね。
私が母親に「へ?」と言うと、兄の一人が「しょっちゅうこんなこと言うとるんや。これ、完全にボケとるな」と言うのです。
う〜ん、確かにいわゆる認知症のようにも見えます。しかし、本当にそうなのかという疑問は晴れません。母は若いころからこの日に至るまで、編み物、料理、そしてそろばんや計算機などの指先を使う細かな仕事をし続けて来た人間です。あれだけ脳に刺激を与え続けて来た人間は、そう簡単に認知症にはならないのではないかという思いがあったからです。
そこで早速調べてみましたら、殺風景な病室でずっと横たわっている患者が見る「妄想」、すなわち「せん妄」と呼ばれている症状だと思いました。
そこで主治医にそれを確かめると、やはり「せん妄」だとの見立てでした。そして「退院して日常に戻れば徐々に症状もなくなる」と。

ただ、誤嚥性肺炎と腰椎の圧迫骨折で、そう簡単に退院はできそうにありません。このまま「せん妄」から認知症に進む可能性は高いでしょう。私は「せん妄」に陥っている母を笑う気にはなれませんでした。
口を半開きにしている母のベッドの横で物思いにふけっていると、はたと思い当たりました。

「せん妄」…「妄想」…「非現実」…「空想」…「想像」………
これは「演技と同じだ」という考えに至ったのです。(まるで「演技の鬼」www)
演技者は「せん妄の症状を意識的に作り出している」と言えるのではないでしょうか?
考えてみれば、ままごとの「土団子」も現実には食べられないのに、子供たちはその「虚構」を楽しみます。
演技の真髄はそこにあるのかも知れません。
曰く夢中です。

私はベッドの上で苦しんでいる母から演技の教えを受けました。
しかし、ベッド横のバイタルモニターの酸素濃度はとうとう90を切って、下がり始めたのです…

posted by 塾長 at 02:43| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

第19回講座「ボイスドラマ」C

新年の最初のレッスンは、昨年に引き続き私が脚色したボイスドラマを教材にしました。
今年度も残すところ今日を含めてあと2回です。
全6話ですので、今日は第3話、4話を収録しました。これで次回講座で残り2話を収録すれば全話収録したことになります。BGMや効果音をつけて編集したファイルは例によって受講生にのみモニターしてもらいます。

さて、冒頭、発声に関する質問がありました。
私は発声の専門家ではないのであまり正確かつ詳しいお話しも受講生にはできないのですが、一部の演劇部、放送部などで行われている「発声訓練」には疑問を持ちます。
身体(特にこの場合はやはり声帯)に有害ではないかと思われる訓練を散見するからです。まじめな人ほどそういう訓練を受けると危険ですね。まじめだから有害でもじゃんじゃんやってしまいます(笑)
若いころはそれでも回復力があるのでなんとかなるかも知れませんが、それでも長期にわたって訓練をすると問題でしょう。私が教えている別なところでも「声帯結節」になっている人が何名かいます。きっと中学や高校時代などでまじめに訓練したんでしょうね…。
でも致し方ない問題でもあります。
だって教わる側はその指導者の力量はわからないし、その訓練が有効なのか有害なのかの判断はできません。正に運が左右するようにも思います。発声を教える指導者がちゃんと勉強した人であることを祈るばかりです(笑)

さて、やや時代がかった台詞廻しの今回のボイスドラマですが、やはり人によっては四苦八苦なさっています(笑)
演劇でも同じですが、やはり予習を十分にすることでしょうね。
あ〜〜〜〜私も演技に対してストイックにならねば……
アカンなぁ……
もう気力が…
ラベル:発声 訓練 声帯 結節
posted by 塾長 at 07:18| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!