常に受講生募集中!

【ボイスパフォーマンス講座】(声優、ナレーター、朗読)を中心に【演技】の勉強もしており、レッスンは隔週開催です。
詳細はHPの【スタジオ紹介】をご参照ください。 見学・体験受講は随時受け付けていますので、まずはメールでお問い合わせください。


小学校低学年から大人まで、年齢も性別も分野も幅広く習うなら「まふじ演技スタジオ」へ!

2018年02月15日

演劇「ホントに?」のご案内(通常記事は公演終了まで下に表示します)

私が関係しております大阪芸術大学放送学科〈声優コース〉の卒業公演のご案内です。

第1期生の「カチカチ山」(太宰治:作)、第2期生「阿弖流為(アテルイ)」、第3期生「走れメロス」に続いて第4期生は演劇「ホントに?」を上演いたします。

「ホントに?」は劇団惑星ピスタチオ(すでに解散)のレパートリーで西田シャトナー氏の作品です。
今回上演するにあたり西田氏からは著作権使用を御快諾いただきました。改めて感謝いたします。
作品は4人の女性が繰り広げる「切ないほどに大爆笑を狙ったコメディー」です。
これまでの卒業公演作品は格調高いものや文芸作品だったのですが、今回はちょっと傾(かぶ)いてしまっていますね…。

ホントに?チラシ表.jpg
(チラシデザインも学生がしました)

上演時間はおよそ80分で途中の休憩はありません。
公演日は2月14日(水)です。もちろん入場無料(ただし、予約要)ですので、ぜひご観劇ください!
チケットの予約方法はチラシ裏に記載しておりますので、ご参照ください。

ホントに?チラシうら.jpg

ちなみにチケット予約用のアドレスは下記の通りです。
https://www.quartet-online.net/ticket/oua_seiyuu_hontoni
アクセスしていただくと予約申し込みフォームが表示されますので必要事項をご記入ください。
【支払い方法】の欄があって「当日精算」となっていますが、無料です(笑)
ご心配なく!!
皆さまのお越しを心からお待ち申し上げます
-------------------------------------------------
私も全国各地のホール、市民会館などに行きましたが、公演会場である大阪芸術大学の「芸術劇場」というのはすごいホールですよ!
芸術劇場.jpg

フロントライト.jpg

緞帳.jpg

たいていのホールというのは客席の広さを誇るところがありますが、この「芸術劇場」は「学生の実演」を主眼としているためでしょうか、客席は400程度なのに、舞台の広さ、特にその「奥行き」がすごい!!
ほとんど真四角なのです。ホールだけでも一見の価値があると思います。
こんなホールが学生時代に使えるというのは幸せだと言えるでしょう。
----------------------------------------------------
「大阪芸大までの行き方」
チラシ画像にもありますが、単純に言いますと「近鉄阿部野橋駅から準急に乗って喜志(きし)駅で降り、そこからバスに乗って大阪芸大まで」ということです。
※お客様用駐車場はありませんので電車か徒歩でお越しください。

❶近鉄・阿部野橋駅に行きます(ハルカス1階)。
❷券売機で片道400円の切符を買います。
❸改札を通って、3番線または4番線から発車する「河内長野行き準急」に乗ります。確か、毎時04分と34分に発車していると思います。後ろから3〜4両目くらいに乗るといいでしょう。(途中の駅で後ろの車両を切り離すことがある!)
❹乗車時間は約20〜25分です。道中、田園風景をお楽しみください。
❺「喜志(きし)」駅に到着したら「東出口」から出ます。
❻大学が運営する無料スクールバス(切符も何も要らない)に堂々と乗れば、大学まで乗せていってくれます。乗車時間は約10分です。東出口近くの民営、金剛バスでも「芸大前」に行けます。

大阪芸大に到着しましたら「芸術劇場」までの進行方向(ほぼまっすぐ歩く)が立て看板などで表示されているはずですので、それをご参照ください。歩いて…10分くらいでしょうか…。結構遠いですね。いい運動になります(笑)
緑の多い、素敵なキャンパスですし、一般のお客さまもこの日ばかりは学生食堂や、学内カフェをリーズナブルな料金で利用できますヨ。

これから本番に向けていよいよ追い込みです。
公演の成功を祈ってやってください
-------------------------------------
追記:帰り方
❶ホールを出て、来た時と同じ方向、つまりバスの到着場所方向に向かって歩きます。
❷10分ほど歩いたら最初に到着したところにバスが停まっていると思います。(バスは喜志駅と大学の間をピストン運行しているので、あまり長く待つことはありません)
❸やはり堂々とバスに乗り込みます。
❹やがて喜志駅に向かって走り始めますので、安心していてください。
❺大阪芸術大学のバスターミナルに着きましたら降車して喜志駅に向かいます。
posted by 塾長 at 00:28| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

第16回講座「ボイスドラマ」@

受講生の希望により、最終クール(5回)は「ボイスドラマ」を練習します。
ずいぶん昔、某ガス会社からCM制作の打診があり、プレゼン用としてCM原稿を何篇か書きました。
残念なことに、ある事情でそれらプレゼン原稿はもちろん、CM制作の企画もボツになってしまいました。

今回、そのときの原稿を教材に「ボイスドラマ風CM」の実習をしました。



セリフだけだと少し寂しいものがありますが、このように効果音やBGMを付けると立体的になります。
受講生の皆さんもなかなか芝居心を発揮してくださいました!

この日は「発声訓練」のうち、首周りの筋肉を鍛える方法と、横隔膜周り(僧帽筋、広背筋など身体の後部)のストレッチ方法を簡単に説明しました。
結構きつい運動かも知れませんが、自分の体と相談の上、実施してもらえれば幸いです。
この運動は高齢者にも良いのではないかと思います。
posted by 塾長 at 23:02| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

声優シンポジウムのご案内

大阪芸術大学の声優シンポジウムのご案内です。

このイベントは放送学科の声優コースの学生を中心に「声優とは何か」を学生によるパフォーマンスと講師陣によるトークで討議するという趣向のものです。
今年は12月24日(日)大阪市天王寺区の大阪国際交流センター大ホールで開催されます。

H29シンポジウム.jpg

入場無料ですが、整理券の予約が必要です。

皆さんにとっておなじみのアニメキャラクターを演じた声優陣が登壇します。
アルプスの少女ハイジ
ピッコロ大魔王
金田一少年
シティ・ハンターのカオリ
それら声優の素顔を見るのも楽しそうです。

現時点で、高校生の先行受付が始まっていますが、一般のかたは11月20日から受け付けるそうです。
ぜひお越しください!

私も家から近いので会場に参ります〜







posted by 塾長 at 22:59| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

劇団鳥獣戯画「神様、あなたの出番です」

先日、大阪芸術大学放送学科【声優コース】の教授、杉山佳寿子(すぎやまかずこ)さんにお会いしました。
杉山佳寿子さんと言えば、「アルプスの少女ハイジ」などの声で有名な青二プロ所属の俳優さんです。
11月に「神様、あなたの出番です」と題する演劇公演をなさるそうですのでお知らせいたします。
東京近郊のかたはもちろん、楽しそうな舞台ですのでご都合のつくかたはぜひご観劇ください!
杉山さんはなんでも「大阪弁を話す役」とのことです。
大阪弁のハイジ???

なお、「チケットを買ってくださるときは『杉山佳寿子のチケットをください!』とおっしゃってくださいね!」とのこと(笑)

劇団員はいつも「自分のチケット」が売れないと肩身が狭いもんです(笑)

工場ボードヴイルショー「神様、あなたの出番です」表.jpg

工場ボードヴイルショー「神様、あなたの出番です」裏.jpg

posted by 塾長 at 21:29| Comment(0) | イベントその他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

見た目はわかりやすい(笑)

高校生や中学生の女子生徒の「髪の毛」の色が問題になっているようです。
「染色している」「パーマをかけている」、そしてそれらは「校則違反」だとか…。
「生まれつきの髪色であるとか髪質である場合」は保護者から書類を提出させるそうです。

う〜ん、本質はどこにあるのでしょうか?
すなわち「外見にこだわるより内面の充実を目指せ」ということなのだろうと思いますが、はっきり言ってそんなことどうでもいいではありませんか(笑)

私が高校生のころ、廊下で、ある先生がある女子生徒に「ん? パーマあてたの? うん、そのほうが可愛らしくていいね!」などと言っていましたし、クラスにもパーマを当てている女子生徒はいました。いえいえ、何を隠そう私(男)ですらパーマをかけていました。
私自身があてたかったわけではなく、母親が「あんた前髪長いで〜。前髪だけパーマ当てたらええねん」と言ったのでそれに従っただけです(笑)

そのうち私自身はパーマをあてて髪をウェーブさせることはなくなり、単なるさらさらストレートヘアになりましたが(笑)

大阪府の松井知事も「個人の問題なのでそこまで踏み込まなくても」とおっしゃっています(笑)
「個人の問題」なら「国歌を歌わない」「起立しない」というのも個人の問題ではないのかと思いますけど、それは違うのかな?(笑)
学校の規則より国の法律のほうが優先されるという解釈なのかも知れません。
これは裁判所でもきっとそういう判例が出るのでしょうね。今は…(笑)

しかし、「学校が生徒を自分たちに従わせようとする姿勢」と、「国が国民を自分たちに従わせようとする姿勢」に「規模の違い」はあってもその本質は同じではないかという気もします。

私はバカなので何が正しいとか何が間違っているのかはわかりません(涙)
しかし、「国民が国家のためにあるのではなく、国家は国民のためにある」ということを信じたいと思います。
おっと!
飛躍してしまいました!

「学校は生徒のためにあるべき」を信じたい!
posted by 塾長 at 02:26| Comment(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
✨心温まるクリスマス・メルヘンです🎄 forkN用タイトルのコピー.jpg
ご購入はこちら(Amazon.co.jp)!!